世はダイエット時代、美容外科の脂肪吸引とその目的とは

Information of Diet Knowledge

美容外科とは

biyougeka

美容外科とは、美を外科的に追求する医学の事である。
通常、医療とはケガや病気などを治療することを指すが、美容外科では美の追求を目的としている。
医療を目的としたものではなく、あくまで美を追求する科学の事を指す。

医療では無く、美を追求する外科的方法を行う場所であるため、健康保険は適用されない。
しかし、腋臭症など保険適応が可能な疾患も存在する。
社会が成熟することで美に対する意識が高まり、日本国内だけでなく世界的に近年人気がでている科学分野である。
韓国では20代の女性の75%以上が整形手術を受けており、美容大国と呼ばれている。

目的

社会で生きていく上で、同僚や上司、親族や友人など人間関係は非常に重要である。
そして、人間関係の始まりというのは出会った瞬間の印象とされる。
この際に、顔の造形や表情などの情報から印象を決定するため、これらの印象を高める事が美容整形の目的である。

また、コンプレックスとなる容姿や容貌を持っている場合、手術によってその問題を解決することができる。
これによって積極性や自信などを得ることで人生をより豊かなものにするという、QOLを高める事も可能とされる。

形成外科との違い

chigai

美容外科は病人や怪我人ではなく、容姿のコンプレックスを外科手術によって解消する事が目的である。
形成外科と混同される事が多いが、形成外科の場合は機能的な問題の解決を目的としている。
コンプレックスがあっても機能的に問題が無ければ美容外科、機能的な問題があれば形成外科を利用する事になる。

機能的な問題がある場合は、形成外科を利用することで健康保険の適応が可能になるが、機能的に問題がない場合は自由診療となる為、費用が大きくなる傾向にある。